電気学会ってなんですか?どんな組織?

電気学会は電気学術の調査と研究、広報・普及を目的として創立された学会です。
会員数は約24000人で元文部科学省所管です。
研究組織は部門制で全部で5つの部門が有ります。
A部門は基礎・材料・共通部門、B部門は電力・エネルギー部門、C部門は電子・情報・システム部門、D部門は産業応用部門、E部門はセンサ・マイクロマシン部門からなります。
主な事業は発表大会、論文誌、研究活動、規格制定です。
発表大会では、研究成果の発表の場として設けられた大会で年に1回全国大会と部門ごとの大会を開催しています。
支部は全国に9つ有り、その中での支部連合大会や研究会を開催する支部も有ります。
論文誌は、毎月電気学会誌と部門ごとによる論文誌を発行しています。
2006年からは共通英文論文誌も発行されています。
学会内には電気規格調査会が設立され、日本の電気分野の標準化事業が行なわれています。
主にJEC規格と呼ばれる電気規格の調査企画、JISと呼ばれる日本工業規格内の電気分野、それにIEC規格である国際電気通信基礎技術研究所規格これらの審議に参加しています。
電気学会に入会するにはWEBもしくは電話にて申し込みを行います。
入会金と年会費がそれぞれ必要となります。
電気学会に入会すると会員だけが受けられる特典もあります。土地付き太陽光発電

パチンコ屋の電気代ってどのくらいかかるの?

派手な電飾で如何にも電気を使っている感が強いパチンコ屋。
外観からだけでもかなりの電気代を使ってそうですが電気代は一体いくらぐらいなのでしょうか?

パチンコ屋には数百台以上のパチンコ・スロットが設置されています。
多くの方は機械を動かすために電気代がかかっていると思っているかもしれませんが実はそうでもありません。
意外にも機械の電気代はそこまで高いわけではないのです。
最近の機械はLEDや省エネ機能を搭載したものが多くなり消費電力はさほど大きくありません。
パチンコ台は1台あたりの電気代は約3円前後です。
仮に1日フル稼働させても50円もかかりません。
とは言え、設置台数が多ければやはりかかる電気代は結構なものとなり、仮に500台あれば月の電気代は最低でも50万円近くにはなると予想できます。

しかしパチンコ屋で最も電気代を占めるのはパチンコ台ではありません。
では一体何に電気代がかかっているのか?
パチンコ屋の電気代の多くを占めているのが空調です。
これはどのパチンコ屋も同じ事がいえます。
パチンコ屋で使用する電気は主に空調、機械、証明の3つに大別されます。
割合としては5:2:3といったところです。

電気代は店舗によって異なりおおよそ130万円~300万円前後となります。42円権利付き物件とは?